窒素発生装置

PSA方式-窒素発生装置

PSA方式-窒素発生装置

低価格を徹底追求

窒素発生装置膜式ではコストパフォーマンスが出ない大容量、高純度に最適な窒素発生装置PSA方式を開発しました。
徹底したスリム化と小型化を図り、機能のみを重点的に追及してクラス最高レベルの低価格を実現。高吸着効率MSCの採用と原料空気の負荷比例制御を採用することでエア量も抑えてランニングコスト低減も同時に達成しました。

PSA方式(圧力スイング吸着法)の原理

PSA方式は吸着塔に充填されている分子篩炭(MolecularSievingCarbon)に加圧すると、分子径の小さい酸素分子が吸着されて窒素分子が分離される吸着特性を示すことを利用した吸着分離を行う方式です。

PSA方式-窒素発生装置の特徴

  • 低価格を徹底追及したコンパクトなシステム設計
  • スイッチ一つで高品質な窒素ガス(純度99%~99.99%)を簡単に製造
  • 高効率MSC採用により高い省エネレベルを達成
  • 製品ガス流量に応じて原料空気量を低減する「負荷追従制御」を採用。コンプレッサー発停を軽減させ動力コストを削減
  • 分かりやすいタッチパネル画面設計。酸素濃度、原料空気圧力、吸着塔圧力、製品タンク圧力、ガス流量などの情報 表示や各種設定を簡単操作
  • コンプレッサー稼働時間を抑えたメンテナンスを重視のシステム設計
  • 日本語、英語、中国語の三カ国語に標準対応
  • 膜式-窒素発生装置と比べると窒素ガス流量10Nm3/h以上が目安です

PSA方式-窒素発生装置の操作画面(タッチパネル)

PSA方式-窒素発生装置の操作画面(タッチパネル)

PSA方式-窒素発生装置の標準仕様例

膜式・PSA方式の選択も行いますのでお問い合わせの際は発生量、純度、用途をお知らせください。

項目 仕様
型式 KPN-P8E KPN-P8EM
窒素ガス仕様 分離方式 PSA方式
純度(%)(※1) 99 99.9 99.99 99 99.9 99.99
流量(m3/h)(※2) 15 9 5 22.5 13 8
コンプレッサー(目安)(kW) 7.5 11
その他 外形寸法(W×D×H;mm)(※3) 850×650×1800 950×950×1875
重量(kgf) 約450 約550
  • (※1)純度は窒素ガス+アルゴンガス等の容積比率を記載しています。
  • (※2)流量は、大気圧基準であり供給空気圧力が0.8MPa/25℃、湿度60%以下の場合です。
  • (※3)外形寸法は、窒素発生装置本体寸法です。突起物は除きます。

製品に関するお問い合わせ│FAX:047-383-8301│お問い合わせフォームはこちら

お問い合わせ・資料請求

製品に関するご質問・購入・資料請求・テスト機器リースなど、お気軽にお問い合わせください。

  • TEL:047-383-8300│営業時間:8:30~17:30(土日祝日除く)
  • FAX:047-383-8301
  • E-mail:info@kakengeneqs.co.jp

お問い合わせフォーム