窒素発生装置

膜式-窒素発生装置

無酸素シールガス、防爆パージガス、分析キャリアガスに最適

安価で簡単に空気からMAX99.5%の窒素を抽出します。窒素ボンベの代替に最適です。高分子中空糸膜の中に圧縮空気を通す膜分離方式の原理膜分離方式で、窒素ガスを空気中から抽出する装置です。空気中の各成分の透過速度の差を利用して、酸素・水素・水分・二酸化炭素などの透過速度の速いガスを分離し、分離速度の遅い窒素ガスが結果的に空気中から抽出される仕組みです。

膜式-窒素発生装置(コンプレッサー分離型)

膜式-窒素発生装置(コンプレッサー分離型)

【特長】

  • 全自動運転で操作は簡単
  • メンテナンスフリーで 、騒音も少なくクリーン
  • ボンベ使用と異なり、安価に窒素ガスを製造可能
  • コンパクト設計の為、床面のスペースを取りません
  • PSA方式-窒素発生装置と比べると窒素ガス流量10Nm3/h以下が目安です

【仕様用途】

  • プラスチックの中空射出成形用充填ガス
  • ボンベ代替用:ボンベの交換の手間が無くなります
    • ・各種分析機器・科学機器等のキャリアガス
    • ・実験室・研究室等で使用するパージガス
  • ハイブリ、スライドガラスの乾燥用
  • 試薬、スライドガラス等保管の湿度管理、酸化防止 (保管庫は別売り )
  • 無酸化シールガス
    • ・薬品・食料等の包装充填ガス
    • ・溶媒等のキャリアガス
  • 防爆シールガス
    • ・防爆/酸欠両対応窒素発生装置

KPN仕様

型式 KPN-10M KPN-40M KPN-80M KPN-110L LPN-150L
窒素ガス純度(%)
と発生量(NL/min)
※入口0.7MPa、25℃
99.5% 8.6 29.3 58.6 80.0 112.0
99.0% 12.0 40.0 80.0 112.0 154.6
98.0% 16.0 50.6 101.3 144.0 202.6
97.0% 21.3 64.0 128.0 178.6 256.0
サイズ
(W × D × H;mm)
※別置コンプレッサーは除く
250 ×
350 ×
950.5
250 ×
350 ×
950.5
250 ×
350 ×
950.5
500 ×
400 ×
1430
500 ×
400 ×
1430

KPN-10M(12NL/min)で8h/日、20日/月で1年間使用した時のランニングコスト(0.75kW)

【窒素ガスボンベ】

12NL/min × 60min × 8h × 20日 × 12ヵ月 = 1,382,000NL(ボンベ約200本分)
窒素ボンベ0.35円/NLとした場合:1,382,000NL × 0.35円 = 約48万円

【窒素発生装置】

電気代22円/kWhとした場合:1.5kW × 22円 × 8h × 0.5 × 20日 × 12ヵ月 = 約3万円
年間メンテナンス費用約10万円
計3万 + 10万 = 13万円

年間/48万 - 13万 = 35万円 73%のコストダウン

製品に関するお問い合わせ│FAX:047-383-8301│お問い合わせフォームはこちら

お問い合わせ・資料請求

製品に関するご質問・購入・資料請求・テスト機器リースなど、お気軽にお問い合わせください。

  • TEL:047-383-8300│営業時間:8:30~17:30(土日祝日除く)
  • FAX:047-383-8301
  • E-mail:info@kakengeneqs.co.jp

お問い合わせフォーム